ママ友関係で挫折

ママ友関係で挫折

私が住む120世帯ほどの集合住宅ですが、夫の会社の社宅です。その多くはお子さんがいる子育て家庭なので、いつもマンションの中央庭には子供たちの姿がたくさんみえます。そして、それを見守るお母さんたちがいくつかのグループに分かれて立ち話をしているという一見どこにでもあるであろう光景のなかに、最近悲しいことに私の知人が入っていないことに気づきました。

だいたい平均年齢36~38歳くらいでしょうか、幼稚園から小学校低学年のお母さんはだいたいそれくらいの年齢なのですが、私の知人はまだ25歳、若くして結婚出産したので子供もお兄ちゃんの方は今年から小学校入学予定でした。

社宅なのでだいたい、中央庭で遊んでいるうちに親子ともども顔見知りになり次第に打ち解けて仲良くなっていくのですが、その女性はどうしてもそういう輪に加わるのが難しかったようです。子供さんたちは無邪気に遊んでうちの子供たちにも近づいてきてくれるのですがお母さんは不思議と距離を置こうとしていて、こちらもそんなにお友達が多い方ではなかったので仲良くなりたいと思っていたのですが、なかなかうまくコミュニケーションが取れないでいました。

幼稚園もうちの子供が通っているところとは違うところだったので、なおさら状況はよくわかりませんでした。

たまたまその方と同じ幼稚園に通うお友達がいたため、最近見かけなくなった近況を尋ねてみると、3人目を最近妊娠したらしいのだけど、幼稚園のママ友だちなどともうまく交流できなかったのか、若干ノイローゼ気味になってしまい、里帰り出産のために実家のほうに戻るだけでなく、もう奥さんのほうは子供たちを連れて実家で子育てすると、急に別れを告げて幼稚園を途中で去ってしまったそうです。

ママ友関係、複雑で難しいものです。もう少し頑張ってほしかったな、私ももっと声かけてあげればよかったと本当に後悔しています。

脱毛 埼玉

サメとの格闘

先日、漁船が転覆したときに漂流した男性が、サメが襲ってきたので、サメを絞め殺したと言っていたそうです。

すごいことですよね。

転覆して放り出され、命からがら漂流しているときに、サメに襲われるというこの恐ろしい状況の中でたくましく戦うことができる男性ってそういないと思います。

それとも、命がかかっていると思ったら、火事場の馬鹿力というようなあり得ないような力がどこからかわいてくるのでしょうか。

このニュースを聞いて驚いた人も多いと思います。

サメを絞め殺したこの男性のインパクトは相当なものですが、日本の海にサメがいるということに私はちょっとだけショックを受けました。

もちろんサメが出た辺りの海は、海水浴をするような海ではないので、私達が普段海水浴で利用するような海岸は安全だと思うのですが、同じ海続き、ふとしたことで海水浴場にサメが迷いこんでしまうということもあり得ないことはないですよね。

あの有名ジョーズも海水浴で賑わうところにサメが侵入してきて最初の被害者が出ましたよね。

ジョーズを見た後で海に行くと、もしかして足の下にサメがいるかも、と不安になった人も多いのではないでしょうか。

もし、本当に海水浴をしているときにサメに襲われたら、この男性のようにサメと格闘することはまず無理だと思います。

男性を襲ったサメは、獰猛なサメで体長は1メートルほどあったのではないかといわれているようです。

そして、おそらく男性はサメを羽交い絞めにして、窒息死させたのではないかと推測されていました。

海版ランボーのような人ですよね。

本当にすごいと思います。

自分の彼や夫がこんな男性だったらと思った女性も多いのではないでしょうか。

命の瀬戸際でサメを絞め殺すことができるような逞しい男性、そんな男性に守られていたいものです。

レクサスRXシエンタ